「二十一世紀民藝」

塗師・赤木明登さんの新刊本『二十一世紀民藝』の挿絵ページにてご紹介いただきました。

赤木さんの著書『美しいもの』を陶芸の修行始める前に読んで感動し、いつかこういうものを作りたいと思ってきました。

まだまだそこにはたどり着けないのですが、憧れの作家さんの中に入れていただき身の引き締まる思いです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です